TOP > お知らせ > 2020年

お知らせ

2020年

2020/10/23

Newsweek(INTERNATIONAL)誌に当社の記事が掲載

今年8月に実施されたTHE WORLDFOLIO(英国通信社)による代表取締役社長臼井へのインタビューを受け、 当社の記事が本日、Newsweek(INTERNATIONAL)誌に掲載されました。
創業以来、培ってきた「医療」「通信」「計測」分野における高い技術力と「GRS(Global Repair Service)」や「Total Multi-Vender Service」といった高品質の独自サービスを展開していることが評価されたため、Newsweek(INTERNATIONAL)誌への掲載に至りました。


クリックしてPDFを表示
記事の著作権は当社に帰属する。


記事の日本語訳概要

ものづくりに関連するメンテナンス

京西テクノスは、99%の修理成功率で、長年の製造で培った経験により培われた高度な技術ノウハウを活用し、製造元のメーカーサポートが終了した古い電子機器に対し、比類のないメンテナンスサービスを提供しています。

日本は長い間、機械と製造業を深く尊重してきました。
そのため、ものづくりの職人技は、最高品質の新製品の創出だけでなく、古い機械や設備の修復やアップグレードにも関わっています。

これらは主に医療、通信、測定機器の分野におけるさまざまなタイプの電子機器の修理、保守サービスを提供する京西テクノスにおいても当てはまります。
「トータルマルチベンダーサービス」のプロバイダーとして、京西テクノスは製造元のメーカーではサポートされなくなった古いデバイスの修理、再設計、アップグレードを目的としたKyosai Life Extension Service(KLES)という独自のビジネスモデルを誇っております。

関西国際空港内のフリートレードゾーンに戦略的に位置する同社の「グローバル修理サービス」センターは保税工場で構成されており、同社の熟練した技術者が世界中のデバイスや機器を修理すると同時に、計測器の校正サービスについても顧客に提供しています。

京西テクノスは創業以来、3万台以上の修理を行い、99%の修理成功率を誇り、これを維持しています。一方、顧客満足に対する同社の取り組みの証として、90日間の保証体制と予防保守を実践しています。
「不良品が発生した場合は、原因を徹底的に調査し、徹底的に再発防止行うことでノウハウを蓄積してきました。」と臼井努社長は述べます。

「私たちのメンテナンスサービスは、世界中で高く評価され、他の場所では簡単に模倣できないレベルに達していると信じています。
製造業で培ったノウハウを活かし、最高水準の技術を駆使した保守サービス業界のリーダーに事業を変革しました。」

今日、IoTテクノロジーにより、京西テクノスは最先端の診断および保守サービスを提供し、デバイスの動作状態を24時間365日監視および制御できるようになっています。
「私たちは、AI、IoT、ロボット工学などの新技術を統合することにより、「トータルマルチベンダーサービス」を進化させることを目指しています」と臼井氏は付け加えます。
「さらに、独自のKLESモデルを世界に広めることで、メジャープレーヤーになるよう努めています。」

今年、京西テクノスはメンテナンスサービス業界における独自の地位を認められ、経済産業省によりグローバルニッチトップ企業100に選定されました。



一覧に戻る