ALAXALA推奨トレーニング講座 TOP > 資格認定制度について

AlaxalA資格認定制度

資格認定制度について

アラクサラネットワークス資格認定制度とは

ネットワーク技術者が、アラクサラネットワークス社AXシリーズを活用したネットワークシステムの構築および運用を行うために必要な知識・技術を有することを認定する制度です。

ますます複雑化し多様化を続けるネットワークシステムへ柔軟かつスケーラブルに対応できるアラクサラネットワークス社AXシリーズは、多くの一般企業をはじめ公共機関、キャリア・ISP、教育・研究機関など広範な分野で採用されています。先進のネットワークソリューションを実現する上で、AXシリーズの特徴を最大限に活かす、高度なICT能力を備えた技術者のニーズは急速な高まりを見せています。ネットワークシステムの構築および運用管理をスムーズかつ効率的に遂行するためにも、アラクサラネットワークス社推奨講座と資格認定の活用をお奨めします。

各認定資格の位置づけ

認定資格 グレード
AE
アラクサラ認定ネットワークエンジニア
Alaxala Certified Network Engineer
AXシリーズを取り扱う
初級システムエンジニア向け
AP
アラクサラ認定ネットワークプロフェッショナル
Alaxala Certified Network Professional
AXシリーズを取り扱う
中級システムエンジニア向け
AX
アラクサラ認定ネットワークエキスパート
Alaxala Certified Network Expert
AXシリーズを取り扱う
上級システムエンジニア向け

認定資格は、AE(初級エンジニア)、AP(中級エンジニア)、AX(上級エンジニア)の資格クラスがあり、アラクサラ製品を取り扱うための技術力を有することの証明となります。

資格取得について

認定の対象者 アラクサラネットワークス製品を取り扱う営業や各種エンジニアの方、およびネットワークの構築や運用管理などに携わる方が対象です。
認定基準 知識・技術力が、各資格クラスの規定レベル以上であるかを判定します。
認定証 資格取得を認められた方には認定証を発行いたします。
有効期限 各資格の有効期限は3年で、再認定試験に合格するとさらに3年間更新することができます。

※推奨講座を受講しなくても受験することができますが、推奨講座の受講をお奨めしています。
※認定試験、推奨講座の実施は京西テクノスが運営しています。

認定証の発行について

資格認定試験に合格するとアラクサラより認定書が発行されます。
資格取得により高い信頼を得ることが可能、自己実現のためのキャリアプランとしてご活用頂けます。

アラクサラ認定書