京西テクノスの製品について

Attacker Ⅲについて

Attacker Ⅲ

実装基板の不良解析のための3つの測定モード
  • 実装基板の不良解析に威力を発揮します
  • 不良部品の特性解析ができます
  • 通電状態で回路の特性解析ができます

Attackerモード

故障基板に搭載されているどの部品が不良なのか、良品基板と比較することで非通電状態のまま検査できます。
良品または不良品の判断は、Bluetoothで無線接続されたタブレット上に表示される波形の違いで行いますので、誰でも容易に扱うことができます。

Attackerモードの画面

  • 回路図等の技術情報の有無にかかわらずあらゆる基板の故障個所の特定を実現します。
  • 対象部位にテストプローブをあてるだけで波形が表示されるため、測定が容易です。
  • 検査信号は電流制限が 可能なため、部品への悪影響を回避できます。
  • 検査信号は2チャンネル分用意されており、良品基板と故障基板の波形を同時に表示できます。
  • 測定した波形はタブレットのメモリに保存・読出しができますので、過去に測定した基板との比較が可能です。
  • 検査信号の電圧・周波数・出力抵抗・電流制限値等をタブレットから細かく設定できます。

部品測定モード

部品測定モードの画面

故障が疑われる部品を取り外し、正しい特性かどうかを判断できます。また、新品の部品においても正しい特性かどうかの確認ができます。
あらかじめ測定する部品に対応したメニューに設定することで出力信号は適切な設定状態となります。また出力信号の設定状態は任意に変更できます。

  • 抵抗測定メニューでは、テスターと同様に抵抗値を表示したり、導通ブザーを鳴らしたりできます。
  • LCR測定メニューではインダクタンス、キャパシタンス、抵抗値を等価回路に合わせて表示します。
  • トランジスタ、フォトカプラのような3端子素子の特性を測定するメニューもあります。

回路特性測定モード

回路特性測定モードの画面

通電状態で回路の入出力間の伝送特性を測定できます。
また、通電のための正負電源出力を装備しています。

  • 正弦波、矩形波、ランプ波等の入力波形に対する出力の応答波形をモニタできます。
  • 入出力のゲイン・位相をネットワークアナライザ表示できます。