TOP > お知らせ > 2008年

お知らせ

2008年

2008/01/22

「輸入販売事業開始」新聞掲載

京西テクノス、新たに輸入販売事業を開始する記事が2008年1月22日発行の日刊工業新聞に掲載されました。

(左記事:日刊工業新聞2008年1月22日付)
※記事の著作権は日刊工業新聞社に帰属する。
 【標題】
 京西テクノス、米社製医療機器の輸入販売事業を開始

 【立川】京西テクノス(東京都多摩市、臼井努社長、042・303・0888)は、米アルパインバイオメッド(カリフォルニア州)製医療機器の国内販売を始める。今月中にも輸入販売元となり、筋電計システム、脳神経活動記録システムの販売を開始。医療機関とのネットワークを強化する。2010年9月期に3億円の売り上げを目指す。
京西テクノスは医療・計測機器のメンテナンスが主力。これまでアルパインバイオメッド製品のメンテナンスを手掛けてきた。今後は筋電計システム「キーポイント」や、脳神経細胞活動信号を記録、分析する「リードポイント」などを販売する。
メンテナンス中心から販売も含めた事業への転換を図るとともに、医療機関への一貫サービス体制を構築する。販売開始に伴い、ダイアグノスティク事業部を設置。営業や輸入業務などの経験者を5人採用。今後人員の拡充を進める。
薬事法上の手続きは完了しており、当面は既存ユーザーのフォローアップを行い、ブランドの浸透に取り組む。


一覧に戻る