TOP > お知らせ > 2006年

お知らせ

2006年

2006/11/29

多摩ブルー・グリーン賞受賞新聞掲載

2006年11月29日発行の読売新聞・日本経済新聞に当社が受賞した「多摩ブルー・グリーン賞」の記事が掲載されました。

(左記事:読売新聞2006年11月29日付)
この記事を無断で複製、送信、出版、頒布、翻訳、翻案等著作権を侵害する一切の行為を禁止します。

読売新聞社の著作権について
日本経済新聞は著作権の問題により記事の掲載は控えさせていただきます。
詳しい内容は
2006年11月29日付 朝刊 東京・首都圏経済版 39面
をご覧下さい。
【記事内容】
多摩ブルー・グリーン賞
セキコーポレーションと京西テクノスが最優秀賞

多摩地区を中心とした中小企業などの技術や経営手法をたたえる「多摩ブルー・グリーン賞」の今年度の受賞者が決まった。技術・製品部門の「多摩ブルー賞」では八王子のセキコーポレーション、経営部門の「多摩グリーン賞」では同市の京西テクノスが、それぞれ最優秀賞に輝いた。
多摩信用金庫の主催で、今年4回目。ブルー賞に93件、グリーン賞に64件の応募があり、選考委員長の関満博・一橋大教授らが独自性、地域へ波及効果などを基準に選考した。
精密プレス部品製造のセキコーポレーションは、高い金型加工精度で加工から組み立てまで一貫して行う技術の革新性が高く評価された。医療機器や計測機器の修理などを行う京西テクノスは、製造メーカーのサポート期間が終了した後も、修理のニーズに対応する取り組みが受賞につながった。
ブルー賞の優秀賞はアートビーム(八王子市)、オーサワエンジニアリング(昭島市)、ティーエムハンズ(福生市)、NAS技研(瑞穂町)、武陽ガス(福生市)、吉本製作所(青梅市)の6社が受賞。グリーン賞の優秀賞には、クォンタムジャンプジャパン(武蔵野市)、トリデ(府中市)、ピーシーリング(稲城市)の3社が選ばれた。
表彰式は12月20日、立川市のパレスホテル立川で行われ、副賞として最優秀賞には100万円、優秀賞には50万円が贈られる。


一覧に戻る